百日草とは

株式会社百日草の発展をイメージした画像

1948 年に創立された株式会社百日草は、美容家の創作活動の場の提供と、諸外国の著名美容家の招聘など、美容に携わる方々の技術と感性・感覚の向上を目標に活動して参りました。

全国規模で開催する着付コンクール及びメークアップコンクールを中心に、明日の美容界のための啓蒙開発活動を活発に展開し、常に業界の旗手としての立場を守り続けていくことを社是とし、より美しいものを求める美容の道を業として、絶えざる前進を続けて参ります。

今後の美容界の新時代を、技術向上・研鑽のための研究会活動、時代に即応したより斬新な出版物の提供、美容家の方々にご満足いただける製品販売を目標に、百日草は一層の努力を続けて参ります。

会社概要

社 名 株式会社 百日草 (カブシキガイシャ ヒャクニチソウ)
所在地 本社 〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-34-7
電 話 03-3941-8151(代表)
FAX 03-3941-8158(営)
代表者 代表取締役社長 太田昌孝 (オオタ マサタカ)
設 立 昭和23年 (1948年)4月15日
資本金 9,500万円
事 業

出版、及び美容業務用化粧品・着付関連商品製造販売

出版部門:
月刊着付専門誌「百日草のはなよめ」発行
「成人式ヘアカタログ」(年1回)発行
美容、及び着付関連技術関係専門図書刊行
営業部門:
美容家向け化粧品の販売(化粧品製造は、系列会社(株)百日草ケミカルズが担当)

花嫁、及び一般着付用各種製品の製造販売(製品調達、及び販売の一部は系列会社日東商事(株)が担当)

★ 営業部門は、代理店制度により全国販売。

文化事業:全国規模の、花嫁着付コンクール(千葉益子賞)、花嫁メークアップコンクール(BENI-HANA)を主催し、業界の技術のレベルアップ、新人の育成に貢献。更に着付(帯結び)・メーク・ヘアモード等の発表会・研修会を開催するなど教育・文化活動を全国的に展開しています。

百日草の文化事業について

百日草では、美容業界の発展・向上に寄与するための各種の文化事業を行っております。

主要製品

現場の意見を数多く取り入れた商品構成でサロンワークをカバーするさまざまな商品を取り扱っています。コールドウエーブ液をはじめとする、美容に関する化粧品類のほとんど。さらに着付に必要な道具類、角かくし、綿帽子などの婚礼用品。美容業界の情報、技術力向上のための各種出版物でサロンの繁栄、プロ フェッショナルの技術力向上に寄与します。

グループ企業