沿革

西暦 昭和 出来事
1948 23

・創業者・太田勝男により4月15日 (有)ニュ−ルック社設立(百日草前身)/「百日草」創刊(5月15日)

1949 24

・「美容手帖」「アメリカン・ヘアモード」創刊

1950 25

・(株)百日草に組織変更。百日草アカデミー賞創設

1951 26

・コールドパーマ液製造販売/「百日草」月刊化

1952 27

・アール・テーツ氏(米)招聘。破格の講習料で講習会を東京、大阪で開催。日本の美容技術に革新を起こす

・「花嫁」(千葉益子著)刊行

1953 28

・ロジェ・ヴァレリー氏(仏)招聘。フランスの美の感覚を導入する

1955 30

・12月、3階建ての新社屋竣成

1956 31

・フランソワ・マニヤン氏(仏)ら招聘。講習会

・アミカラー(新案特許)発売

1958 33

・欧米視察旅行/アンリ・マーシャル氏招聘

1959 34

・ルネ・ランボウ化粧品発売

1960 35

・ジャック・クスティ氏招聘。全国7カ所講習会

1961 36

・「別冊百日草」創刊

1962 37

・創立15周年祝賀会

1963 38

・「美容専科」「ジャーナル百日草」創刊

1964 40

・経営研究誌「MRシート」創刊/世界美容視察ツアー(ローマ、パリ、ロンドン、LA)

1965 40

・(株)日東化学研究所を(株)百日草ケミカルズに組織変更、新社屋竣成

・技術誌「テクニック」創刊

1966 41

・ロベール・ゲリー氏招聘。全国13カ所講習会/「ミスとミセスの百日草」創刊

1967 42

・千葉益子賞花嫁着付コンクール創設

1968 43

・通巻250号記念、ルネ・G・サントンジュ氏(仏)による全国23カ所で百日草記念デラックス愛読者大会(無料招待)

・百日草モード"ロオヴ"発表

1969 44

・百日草花粧会結成

1970 45

・太田勝男会長、善夫社長就任

1972 47

・「百日草のはなよめ」創刊

1973 48

・1月、新社屋竣成(総面積1,089m^2)。現社屋

1975 50

・新趣帯結び発表。75年「祭り」、76年「草の花」

・5月、ポール・ミッチェル、ロバート・グレッグ(米)招聘

・11月、モーリス・タンデイ、シン・ホソノ氏招聘

1976 51

・百日草グランド・アカデミー美容コンクール創設/アカデミー・クラブ創立

1977 52

・創立30周年。第一回百日草グランド・アカデミー美容コンクール決勝競技会開催

1978 53

・百日草花の賞顕彰会創設。"百日草花の賞"を設定

1980 55

・太田勝男 会長 急逝(享年68歳)

1982 57

・百日草創立35周年記念パーティーに550名の関係者を招き開催

1983 58

・百日草茜会発足

1984 59

・はなよめ通巻100号…花粧会15周年記念企画"温故知新シリーズ"開始/本社6スタジオ完成

1986 61

・「ブライダル&メイク」創刊

1987 62

・百日草通巻500号/着付ボディー「新とーり」発売5万台突破

1988 63

・百日草花嫁化粧研究会発足

西暦 平成 出来事
1990 2

・単行本「まとめ髪」大ヒット(2カ月で4刷)

1992 4

・「はなよめ」通巻200号

1993 5

・百日草会館落成

1996 8

・「百日草」通巻600号

1997 9

・百日草ヨーロッパビューティーツアー

1998 10

・百日草花粧会会員数670名に

2000 12

・「はなよめ」通巻300号

2001 13

・4月/太田善夫会長、昌孝社長就任/HAMCメークアップアカデミー発足

2003 15

・第一回百日草花粧会全国きもの着付コンクール開催/「成人式ヘアカタログ」創刊

2004 16

・第一回HAMC Make-up グランプリ開催

2005 17

・「百日草」通巻700号

2008 20

・百日草創立60周年。「はなよめ」通巻400号

2009 21

・Webサイト Be:coreオープン

2010 22

・BENI-HANAコンクール(第21回大会)に改組

2011 23

・新聞「ビューティルック百日草」創刊

2012 24

・電子書籍「百日草books」創刊

美容業界の発展のために今後もさまざまな情報発信を続けます。