株式会社 百日草 web site
 
Beauty basic glossary
|||
美容基本用語集
kimono
>>着物用語集
>> 着物の名称
monthly
|||
月刊誌
books
|||
単行本
products
|||
商品紹介 
backnumber&shop
|||
バックナンバー&ショッピング
infomation
|||
情報・イベント
links
|||
リンク 
recruit
|||
求人情報 
about us
||| 会社情報
Google

WWW を検索 hyakunichiso.co.jp を検索

着物用語集


美容基本用語集着物用語集 着物の名称(女物/着物各部の説明/男物)
着物の名称
●女物
女物女物
着物各部の説明
●前身頃・後身頃 着物の前と後ろを呼び分ける。
●剣 先 衽の縫いどまりと衿付線の交わる位置。
●身八つ口 出来上がり身丈寸法から脇縫と袖付を引いた残りのあき寸法
●八 掛
(はっかけ)
袷の長着の裏地のこと。身頃の裾(四布)+衽(二布)+衿先(二布)=合計八つに裁ったところから。裾回しともいう。
●衿幅 通し衿
身頃の裾先までついている衿のこと。主に長襦袢に用いられる衿形(関東仕立てのもの)。
広 衿
女物の衿形。普通の衿幅の2倍で、着るときに半分に折る。衿幅の自由が利くので太った人、胸幅の広い人によい。
・ばち衿
女物の衿形。浴衣、普段着に用いられる衿形で、衿肩回りより衿先にいくほど広くなる。三味線のばちに似ているところから名付けられた。
棒 衿
狭(せま)衿ともいう。背中心から衿先まで同じ衿幅で仕立てたもので、男物、女物の普段着、子供用に用いられる。
●衿肩明き 衿をつけるためにあけたところで、男物9cm、女物9.5cmくらい。
●袖 丈 年齢や着物の種類(訪問着・おしゃれ着・普段着・街着)によって袖丈は変わる。袖丈に決まりはなく、身長によって考えればよい。
袖丈の長い順に、
・振袖(三尺=1m14cmくらい)
・中振袖(二尺八寸=1m6cmくらい)
・小袖振袖(二尺二寸=83cmくらい)
・留袖、元禄袖(一尺五寸〜一尺三寸=57cm〜49cmくらい)
●男物(図をクリックすると拡大します)
男物
●着丈 男物は着る人の丈に合わせて仕立てる。
●対丈 おはしょり、腰揚をとることをしないで身丈と同寸に仕立てる。男物の長着、女物の長襦袢。
●人形 男物の袖付から袖下までの間の10cm程の部分
●和服の裁ち方

●本 裁
(ほんだち)

着尺地一反で大人の着物一枚を仕立てる裁ち方。大裁ちともいう。
●中 裁
(ちゅうだち)
四ツ身裁ちのこと。一反の1/2または1/3を用いる裁ち方。4歳〜12歳の子供用。
●小 裁
(こだち)
一反のを用いて裁つ。一ツ身、三ツ身のとき。
一ツ身
1、2歳の小児用の着物。長さ八尺(約3.3m)〜一丈一尺(4.16m)の並幅の仕立物で、後中央に背縫いがない。一反で三枚裁ち。
三ツ身
3〜5歳の小児用の着物。一反で二枚裁ち。身頃を衿肩明きのところでかけ違いに裁つ。
・並幅(なみはば)の裁ち方
・並幅の裁ち方
 

 ©2005 Hyakunichiso