株式会社 百日草 web site
 
Beauty basic glossary
|||
美容基本用語集
kimono
>>着物用語集
>> 着物の種類
柄付・絵付の方法(染め)
monthly
|||
月刊誌
books
|||
単行本
products
|||
商品紹介 
backnumber&shop
|||
バックナンバー&ショッピング
infomation
|||
情報・イベント
links
|||
リンク 
recruit
|||
求人情報 
about us
||| 会社情報
Google

WWW を検索 hyakunichiso.co.jp を検索

着物用語集


美容基本用語集着物用語集 着物の種類 柄付・絵付の方法(染め)
着物の種類 柄付・絵付の方法(染め)
染め分け
●茶屋辻染
(ちゃやつじぞめ)
楼閣、山水、雲取、草花などの御所解風の絵画を麻に藍染したもの。徳川御三家の婦女のみに用いられた、贅沢品。布の表裏から糊置きし、藍がめに浸して染めたのだろうといわれ、一部には刺繍、白茶の配色なども加えられた。夏の正装用とされたが、製作についての詳細は不明で現在では再現不可能といわれている 。
●御所解模様
(ごしょどきもよう)
御所車、几帳、檜扇、流水、菊、桜、松、梅、牡丹、紅葉、わら屋などを適当に配した一種の山水模様。現在着物業界では上品で古典的絵模様を一様に御所解の名で呼ぶ 。
●絞り
・匹田鹿子
(疋田鹿子)
(ひったかのこ)
鹿の子絞りを布全体に絞り染めたもの。
・唄絞り
(ばいしぼり)
貝絞りともいう。巻き絞りの一つで巻いた形がばい貝に似ているため。
・染め分け絞 2〜3種類の色を入れて絞る。
・有松絞
(ありまつしぼり)
名古屋市鳴海地方に産する木綿藍染の絞りで浴衣地に用いるので鳴海絞ともいわれる。
・京 絞 代表的なものに鹿の子絞りがある。別名、目結いともいい振袖、帯揚などに用いられる。
・辻が花 幻の染め。絞りを主として手描きの線(特に墨での線描き)、刺繍、摺箔を用いた染め文様。色は白茶、紫、藍を主として紅、緑も使われるが一度に多色使いのものは少ない。現在は久保田一竹さんの作品が有名。
●型染

型紙を用いて捺染する方法

・江戸小紋 一色染を本命とする。
・紅型
(びんがた)
沖縄で生産される。紅は単に紅色だけでなく、広く色彩を意味する。型紙は一枚で、複雑な色相は色挿しをし、ぼかしを行う。
・京紅型  
・藍型
(えーがた )
紅型の多色多彩に対して、藍を主として黒などを用いての一色染。沖縄産の型染。
・江戸中形 小紋、大紋に対して中間的な文様の大きさをいう。主に浴衣に染められた。
●友禅染

糊置き防染(ぼうせん)法による文様染の一つ。特徴は多彩、華麗な絵文様。元禄頃、宮崎友禅斎が創始したといわれるが明らかではない。

京友禅 京都の友禅染のこと。絵画的で紅や金など色彩豊かな模様染で、特に京都風として区別しているもの。刺繍と疋田が入るのが特徴。中が濃く、外に行くほど淡くぼかす
・加賀友禅 加賀の金沢に発達したもの。配色に紅・緑・紫系の色が多く用いられており、ぼかしが巧みに使われ、文様や色彩が京友禅より様式化されている。外が濃く、内に行くほど淡くぼかす
・描き友禅 無線友禅のことで直接布に絵模様を描く。重量感が乏しいため、留袖(古典的な)には用いず、訪問着、付下げ等に用いられた。
・差し友禅 刷毛、筆で友禅模様に色をつける
・糸目友禅 糸目糊で防染して、色と色とが混じり合わないようにしたもの。

●三纈(さんけち)

1(きょうけち)
板締めの絞り。布地を折りたたみ、両側から板でしめつけて染めると板からはみ出した部分だけが染まる。また、絵模様を彫刻した二枚の板に布をはさんで染める。能登上布、村山大島にこの技法が利用されている。

2(こうけち)
しぼり染め。布地のある部分をつまんで糸でしばり、防染を施したくくり染め。

3(ろうけち)
ろう染めともいい、ろうを防染剤として用いる染色法。

●流し染 水面に墨などの染料を流し、これを棒でかきまぜたり、息を吹いたりすると曲線があらわれる。それを布に写し取ったもの。
●霧吹き染 霧吹きで布面に染液を吹きかける。刷毛に含ませた染液を目の細かい金網の上から落とし、ぼかし、霜降りに染める。
●ぼかし染 色をぼかして染めること。裾の方を薄く染めることを“曙(あけぼの)染”といい、上部の方を薄く染めることを“裾濃(すそご)”という。
※すべらかな濃淡でなく、段をなしたものを“繧繝(うんげん)ぼかし”という。
 

 © Hyakunichiso