株式会社 百日草 web site
 
Beauty basic glossary
|||
美容基本用語集
kimono
>>着物用語集
>> 着物の種類
織物について
染め糸で織るもの
monthly
|||
月刊誌
books
|||
単行本
products
|||
商品紹介 
backnumber&shop
|||
バックナンバー&ショッピング
infomation
|||
情報・イベント
links
|||
リンク 
recruit
|||
求人情報 
about us
||| 会社情報
Google

WWW を検索 hyakunichiso.co.jp を検索

着物用語集


美容基本用語集着物用語集 着物の種類 織物について 染め糸で織るもの(先染め)
着物の種類 織物について 染め糸で織るもの(先染め)

●錦
黄金にも等しい貴重な織物。色糸を用いて文様を織り出す西陣が主産地で、唐織、綴織、名物裂、金襴、緞子、能衣裳などのことを総していう。

・金 襴
(きんらん)
中国より渡来した織物。斜文地に平金糸や撚り金糸、色糸を用いて文様を織り出したもの。
・銀 襴
(ぎんらん)
銀糸を用いただけで金襴と同じ。
・唐 織
(からから)

浮織、各色の絵緯糸を用いて浮織にして、刺繍したように見える。能衣裳は唐織で仕立てる。

・綴 織
(つづれおり)
図案を織機の経糸の下に置き、図案通りに緯糸を一本一本色彩通りに織り込む。色糸と色糸との境に経糸がそってできるが、これを「ハツリ目」といい、綴織の特徴。爪の先を櫛形に削って、糸を掻き寄せる。爪掻き綴帯は高価なものである。劇場などの緞帳などにも用いられる。
・佐賀錦
(さがにしき)
経糸に金糸、平金箔、緯糸に絹糸。江戸時代、佐賀藩の婦人の手工芸織であった。
・斜子織
(ななこおり)
(魚子織、七子織)…平織の変化組織で畳織、バスケット織ともいった織物。経糸、緯糸ともに二本またはそれ以上の本数を引きそろえて織ったもの。織り目が方形で魚卵のように打ち違い、粒だって見える。羽織地、帯地に用いる。
・博多織
(はかたおり)
緯糸が太く、幾何学的な独鈷(どっこ)模様(独鈷を縦の縞状に連ねたもの)を織り出す。独鈷とは密教で用いる仏具のこと。
・間 道
(かんとう)
古い縞織物の一つ。外国産(中国、インド、東南アジア)の縞木綿のこと。
・名物裂
(めいぶつぎれ)
室町時代以来、茶道の発達につれ、茶器の袋や掛軸の表装などに用いられ、裂の断片中で特別の名のあるもの。時代裂ともいう。
●紬
経糸、緯糸ともに真綿から手紡ぎした紬糸で織った織物。紬は絣や縞柄が多く、わずかに絵文様を織り出したものもある。平織で先染め 。


主な紬の産地

・結城紬
(ゆうきつむぎ)
茨城県結城市、栃木県小山市
・上田紬
(うえだつむぎ)
長野県上田市
・飯田紬
(いいだつむぎ)

長野県飯田市

・伊那紬
(いなつむぎ)
長野県駒ヶ根市
・長井紬
(ながいつむぎ)
山形県長井市
・白山紬
(はくさんつむぎ)
石川県金沢市
・本場大島紬
(ほんばおおしまつむぎ)
鹿児島県鹿児島市、名瀬市
・久米島紬
(くめじまつむぎ)
沖縄県仲里村
・その他 岩泉南部紬、花泉南部紬(以上、岩手県)
みちのく紫根染紬、紅花紬、置賜紬、羽前紬、栗虫紬、摩耶ぜんまい紬、米琉(以上、山形県)
福島紬、小浜紬(以上、福島県)
石下紬、豊田紬、筑波紬、絹田紬(以上、茨城県)
秩父真綿紬、飯能大島(以上、埼玉県)
村山大島(東京都)
小千谷紬、塩沢紬、六条ゆきやま紬、古代紬、十日町紬、栃尾紬(以上、新潟県)
桑山紬(富山県)
能州紬、白山紬、牛首紬(以上、石川県)
甲斐絹紬、甲州唐糸紬(以上、山梨県)
信州紬、天蚕紬、ふとり紬、柞蚕紬(以上、長野県)
ざざんざ織(静岡県) 郡上紬(岐阜県) 日枝紬、浜紬(以上、滋賀県)
西陣上代紬、丹後白紬(以上、京都府)
烏城紬(岡山県) 八女つむぎ(福岡県)
綾の手紬、恵利蚕紬、琉球古典紬(以上、宮崎県)
ロートン織紬、首里花織紬、琉球紬、南風原紬、宮古紬(以上、沖縄県)
●銘 仙
(めいせん)
先染め。くず糸、玉糸を素材に織った太織。安価なため大衆化したが、服装の発展(戦後の洋装化など)で衰退した。
●刺子織
(さしこおり)
刺子のような外観をもつ綿織物で地は厚い。柔道着、足袋底などに用いる 。
 

 © Hyakunichis